FXはもう古い?新たな取引に注目!

お小遣い稼ぎから本格投資まで、新しい投資の形をご紹介!

FXのデメリットと新しい投資方法の提案

まず最初に数百万円ぐらいの余剰資金がある方が副業を始められるならマンション投資がおすすめです。以前に大規模な不正が明るみに出たためにイメージが悪くなってしまったマンション投資ですが、余剰資金の運用法としては本来とても優れた投資方法なのです。

堅実性ならやっぱりマンション投資

最近ではサラリーマンの方でもFXをされているという方は多いと思います。しかし本質的にサラリーマンをやりながらFXで儲けを出すのはとても難しい事は知っていましたか?FXは一瞬の判断が求められる投資手法なので、それこそ取引時間中はPCのモニターに貼りついてチャンスを見逃さないようにしないと儲けを出す事は難しいのです。

またFXは「デリバティブ」と言って少ない資金でもより大きな取引が出来るのが特徴です。ちなみにこの「デリバティブ」という言葉ですが、日本語訳すると「てこの原理」となります。言葉通り少ない資金(力)で大きな取引を行う事が出来る事を表しているのですが、この「てこの原理」は儲けだけではなく、損失にも同じように働きます。例えば10倍のデリバティブを働かせていた場合、取引で1万円の損失を出した場合は、それが10万円に拡大してしまうのです。

大きく儲けられるけれども、大きく損する可能性もあるハイリスク・ハイリターンなのがFXという投資の一番の特徴です。こうしたハイリスクなFXは、それを本業にして腰を据えて行わないと危険が大きいのです。仕事の休み時間に画面を見るだけだと気付かない間に大きな損失が出ている場合があります。

資産を運用する目的はお小遣いを稼ぎたいという方や老後の資金を貯めたい方、預金をしても利子が付かないからもっと積極的に資産を運用したいという目的の方まで幅広いです。ここでは主に副業として投資をされる方を前提に、仕事をしながらでも資産を運用できる方法をいくつかご紹介したいと思います。

皆で投資するから大きな事が出来る「クラウドファウンディング」

「クラウドファウンディング」という言葉は聞きなれないでしょうが、日本語にすると「クラウド(群衆)」で「ファウンディング(資金調達)」する投資となります。つまり皆からお金を集めてある事業を行うという昔からある手法です。なぜならば広義に解釈すれば株式もクラウドファンディングの一種です。

金から木まで色々あるのが現物投資

とりあえず堅実に儲けたいという方は金などの様々な「物」に投資する事をおすすめします。投資する物によっても異なりますが、大体1万円からでも投資可能で手持ち資金が少ない方でも堅実な資産運用が可能だからです。投資する物は多種多様なので代表的な例をご紹介します。